トップイメージ
トップページ そのぎ茶のひみつ こだわりの一品 お茶の知識 産地直送のこだわり そのぎの里の行事
長崎そのぎ茶は
日本茶の窓口です!
  お慶 伝来の地

ぶろぐバナー

選りすぐりの
ネット限定商品
特選玉緑茶
特上玉緑茶
上玉緑茶
農家したて
玉緑茶
上白折茶
上粉茶

 

 

お茶の知識

蒸し製玉緑茶の入れ方
番茶の入れ方





   

 

そのぎ茶園で栽培されている茶樹


品種名
両親名(来歴)
育成年
茶種
(用途別)
特徴
あさつゆ
宇治種の実生中から選抜したもの
昭和28年
煎茶
中生種で樹姿中間、樹勢中、葉は長楕円形で濃緑色、緑茶特に煎茶として品質優秀で天然玉露の名がある。
さやまみどり
宇治種の実生中から選抜したもの
28年
煎茶
中生種で樹姿直立、樹勢強、葉はだ円で大きく、濃緑色、耐寒・耐霜特性に強く、耐病性、耐早性も強い。収量も多く、煎茶として品質優良である。
やぶきた
静岡県在来種の実生中から選抜したもの
28年
煎茶
中生種で樹姿直立、樹勢極強、葉は長だ円で大きく、耐寒性も相当強いが炭そ病に弱い欠点がある。煎茶として品質良好である。
まきのはらわせ
静岡県在来種の実生中から選抜したもの
28年
煎茶
極早生種で樹姿開帳、樹勢中、耐寒性及び耐病性強く、3倍体で不稔性である。煎茶として品質良好である。
はつもみじ
アッサム交配
28年
紅茶
中生種で樹姿直立、樹勢極めて強く、葉は長だ円で特に大きく淡緑色、タンニン含量ははなはだ多い。収量が極めて多く、紅茶として品質良好で、味が強い。
やえほ
静岡県在来種”八重種”から選抜したもの
29年
煎茶
早生種で樹姿中間、樹勢は強く上申性を有し、側芽の発生多く、極めて多収である。葉の大きさは中型で厚く、花 が多くつくが結実は多くない。耐寒性は強で、耐病性は白星病に多少弱い欠点がある。煎茶用として好適である。
ひめみどり
福岡県在来種の実生園から選抜したもの
35年
玉露
中生種で樹姿中間、樹勢中、葉はだ円で小葉に属し、濃緑色、耐寒性、耐病性に強く、玉露として優良である。
おくむさし
さやみどり×やまみどり
37年
煎茶
晩生種で樹姿直立、樹勢強く、葉はだ円で濃緑色、耐寒性に強く、耐病性に強く、煎茶として芳香高く品質良好である。
するがわせ
やぶきたの自然実生
37年
煎茶
やぶきたより2日ほど早い早生で、樹姿は中間、葉はやぶきたより小さく、葉面のしわが少ない。厳寒期の耐凍性はやぶきたと同程度であるが、裂傷型凍害にやや弱い。炭そ病抵抗性はやぶきたより強い。挿し木発根性は中位である。やや芽重型で、収量はやぶきた並。品質は煎茶として優れるが、夏茶はやや劣る。
やまなみ
中国(湖北省)から導入したものの後代実生中から選抜したもの
40年
かまいり茶
中生種で樹姿直立、樹勢極めて強く、葉はだ円で耐寒性、耐病性強く、収量安定し、著しく多収である製玉緑茶として品質良好である。
くみたわせ
昭和2年静岡県在来種より栗田茂三郎氏が選抜
41年
煎茶
樹姿中間型で樹勢は強く、耐病性・耐寒性は共に生のため無霜地帯に適する。芽数が多く、収量はやや茶品質はすぐれるが、挿し木発根性と定植後の初期
ゆたかみどり
あさつゆの自殖種
41年
煎茶
樹勢強健、樹姿は中間で仕立てやすい。芽数が多く  である。敵採期はやぶきたよりやや早く、挿し木発根性 極めて容易である。耐病性は強いが裂傷型凍害に  茶品質はやや苦味が強いが、色沢は良好である。
べにひかり
べにかおり×中国導入茶
44年
紅茶
晩生種で樹姿中間、樹勢強く、葉はだ円形淡緑色、耐寒性に強く、再生力大、多収、紅茶として良質である。
かなやみどり
S6×やぶきた
45年
煎茶
中晩生種で樹姿中間、樹勢強、葉はだ円形濃緑色、耐寒性強、再生力大、多収、煎茶として良質良好である。摘採期遅く、”やぶきた”と組み合わせると良い。
さやまかおり
やぶきたの自然交雑実性から選抜したもの
46年
煎茶
”やぶきた”より2、3日早い中生種で、樹姿は中間、樹勢強い。成葉は長だ円形で大きい。耐寒性(青枯、紅枯)が強い。収量は”やぶきた”と同程度で多い。煎茶として内質は香気が強く、良好である。
おおいわせ
やえほ×やぶきた
51年
煎茶
樹姿は中間型で、樹勢強く多収。摘採期やぶきたより5日程度早い裂傷型凍害及び炭そ病には弱いが、挿し木発根性はよく育苗は容易である。煎茶として外観は細型で色沢がよく、内質は温和で爽快な香気と調和の取れた滋味をもち良好である。
おくゆかた
ゆかみどり×F1NN8(たまみどり×S6)
58年
煎茶
摘採期が”やぶきた”より6日ほど遅く、中生の晩に属する。樹姿中間、樹勢強でとくに株張りがすぐれる。成葉はだ円、緑色で”やぶきた”よりわずかに小さい。挿し木発根性すぐれ、ごく多収。耐凍性および幹の裂傷型凍害抵抗性は”やぶきた”並。炭そ病抵抗性は”やぶきた”より強。品質は特に優れ、”やぶきた”とは異なった優雅な香気、滋味がありうまみもある。敵地は東海近畿以南の温暖地帯。
めいりょく
やぶきた×やまみどり
61年
煎茶
摘採期が”やぶきた”と同じ中生種。樹姿はやや直立であるが分枝おおく、株張りがよい。樹勢強く生育旺盛できわめて多収。耐病性がすぐれ、輪斑病に対して強。炭そ病に対してやや強。一般的耐寒性は強いが裂傷型凍害には弱い。煎茶品質は”やぶきた”た同等であるが、清涼感がある。
しゅんめい
ゆかみどり×F1NN8(たまみどり×S6)
63年
煎茶
早生種で樹姿中間、株張りが良い。成葉はだ円形で緑色、大きさはやや大きい。新芽は えた緑色で、早生種の中では最も緑の乗りが良い。収量は”やぶきた”よりやや多収。煎茶品質は温和な香気をもち、うま味がある。敵地は東海近畿以南の温暖で晩霜害の少ない地帯。
みねかおり
やぶきた×うんかい
63年
かまいり茶
中生種で樹姿中間、株張りがよい。成葉は長楕円形でやや濃緑、大きさはやや大。新芽はやや大きく芽重型である。耐寒性が強く、炭そ病、輪斑病にも強い。樹勢強く、生木になっても葉層厚く、多収である。釜妙製玉緑茶に適し、特に芳香が高く釜茶としての品質は良好。